出西窯
出西窯

出西窯の歴史賞歴

1952年(昭和27)

4 月、第 26 回国画会展入選「飴釉指描鉢」。

1956年(昭和31)

日本民藝協会新作展初入選(以降毎年)、「ピッチャー」他 2 点。
島根県教育優良団体表彰を受ける。

1958年(昭和33)

日本民藝協会展入選「飴釉灰落」等4点。

1959年(昭和34)

大阪日本工藝館 10 周年記念日本民藝展最高賞受賞「地釉波刷毛目組鉢」。
日本民藝館展入選「急須灰皿」等 2 点。

1961年(昭和36)

日本民藝館展入選「刷毛目六寸鉢」等 3 点。

1962年(昭和37)

第 11 回現代日本陶藝展(朝日新聞社主催)入選「飴釉洋酒瓶」。
日本民藝館展団体賞受賞「(飴縁)引刷毛目深鉢」。同入選「引刷毛深鉢」等 2 点。

1963年(昭和38)

日本民藝館展入選「刷毛引蓋物」等 3 点。

1964年(昭和39)

日本民藝館展入選「黒釉深鉢」等 2 点。

1964年(昭和39)

日本民藝館展入選「黒釉深鉢」等 2 点。

1965年(昭和40)

日本民藝館展入選「黒釉丸紋土瓶」等 2 点。

1966年(昭和41)

創立 30 周年記念日本民藝館展入選「黒釉碗」等 2 点。

1967年(昭和42)

日本民藝館展入選「刷毛目小鉢」等 2 点。

1968年(昭和43)

日本民藝館展入選「型起し刷毛目皿」等 3 点。

1970年(昭和45)

日本民藝館展入選「飴釉角深鉢」等 4 点。

1971年(昭和46)

日本民藝館展入選「刷毛目鉢」等 3 点。

1972年(昭和47)

日本民藝館展入選「灰釉引刷毛深鉢」等 5 点。

1973年(昭和48)

第 2 回日本陶藝展(毎日新聞社主催)に初入選「黒釉三つ組深鉢」。
日本民藝館展入選「黒釉深鉢」等 2 点。

1974年(昭和49)

日本民藝館展入選「白釉刷毛目大鉢」等 4 点。

1975年(昭和50)

第 3 回日本陶藝展(毎日新聞社主催)入選「黒釉深鉢」。
日本民藝館展入選「鉄地黒白流大鉢」など 2 点。

1977年(昭和52)

日本民藝館展入選「掛分片口」等 3 点。

1978年(昭和53)

日本民藝館展入選「飴釉平鉢」等 3 点。

1979年(昭和54)

日本民藝館展入選「流掛尺六寸鉢」等 7 点。

1980年(昭和55)

日本民藝館展入選「刷毛目灰釉蓋物」等 7 点。

1981年(昭和56)

第 6 回日本陶藝展(毎日新聞社主催)入選「白掛切立組鉢」「黒釉 組鉢」。
日本民藝館展入選。

1982年(昭和57)

日本民藝館展入選「白掛六寸深皿」等 2 点。

1983年(昭和58)

日本民藝館展日本民藝協会賞受賞「黒釉楕円組皿」。
同入選「黒釉楕円皿」「白土瓶・湯呑」等 14 点。中国新聞社の中国文化賞受賞。

1984年(昭和59)

日本民藝館展入選「丸紋土瓶番茶器」等 13 点。
朝日現代クラフト展入選「白釉楕円組鉢」。

1985年(昭和60)

第 2 回田部美術館茶の湯の造形展入選「黒釉白掛合せ深鉢」。

1986年(昭和61)

第 3 回田部美術館茶の湯の造形展入選「掛合釉彩鉢」。
日本民藝館展入選「黒釉手付蓋物」等 16 点。

1987年(昭和62)

第 4 回田部美術館茶の湯の造形展入選「飴釉指描鉢」。
第 9 回日本陶藝展(毎日新聞社主催)入選「黒釉土瓶セット」。
日本民藝館展入選「土瓶白」等 12 点。

1988年(昭和63)

日本民藝館展入選「黒釉尺楕円鉢」等 11 点。

1989年(昭和64)

第 6 回田部美術館茶の湯の造形展入選「櫛目文角鉢」。
第 10 回日本陶藝展(毎日新聞社主催)優秀作品賞受賞「ふち鉄砂呉須釉組鉢」。
[優秀作品賞講評(PDF)]
日本民藝館展入選「黒釉切立深鉢」「内飴釉切立深鉢」等 7 点。

1990年(平成2)

日本民藝館展入選「白掛縁付皿六寸」等 12 点。

1991年(平成3)

第 11 回日本陶藝展(毎日新聞社主催)入選「外鉄砂呉須釉丸組鉢」。
日本民藝館展入選「くしめ波文飴釉七寸皿」等 8 点。

1992年(平成4)

日本民藝館展入選「黒釉切立鉢七寸」「三彩掛分茶碗」等 12 点。

1993年(平成5)

第 12 回日本陶藝展入選「外鉄砂内白釉切立組鉢」「砂鉄びき呉須キャセロール」。
日本民藝館展日本民藝協会賞受賞「白掛け切立鉢」。

1994年(平成6)

3 月、島根県文化奨励賞受賞。
日本民藝館展入選「呉須釉ハンドル急須」「白イッチン線文切立鉢」等 14 点。

1995年(平成7)

第 13 回日本陶藝展(毎日新聞社主催)入選「黒釉把手付蓋物と組鉢」「黒釉把手付切立蓋物」「呉須釉組皿」。
日本民藝館展入選「呉須釉把手付蓋物」「白土瓶セット」等 14 点。

1996年(平成8)

日本民藝館展入選「外鉄砂内呉須釉六寸ドラ鉢」「黒釉グラタン碗と受皿」等 5 点。

1997年(平成9)

第 14 回田部美術館茶の湯の造形展優秀賞受賞「灰釉櫛目角鉢」。
新日本海新聞社高島屋ふるさと暮らしの工藝展優秀賞受賞。
日本民藝館展入選「もみ白釉深鉢」「白煎茶器セット」等 5 点

1998年(平成10)

日本民藝館展入選「縁焼〆黒釉七寸皿」「白掛五寸鉢」等 11 点。

1999年(平成11)

第 15 回日本陶芸展(毎日新聞社主催)優秀作品賞受賞「海鼠切立組平鉢」。
同入選「呉須釉玉縁組鉢」「呉須釉切立組平皿」。[優秀作品賞講評(PDF)]
日本民藝館展入選「黒釉はたぞり五寸鉢」「海鼠釉深鉢」等 9 点。

2000年(平成12)

日本民藝館展入選「緑釉煎茶器セット」「掛合せ釉縁付尺三寸五分鉢」等 9 点。

2001年(平成13)

第 16 回日本陶芸展(毎日新聞社主催)入選「海鼠釉鉢と銘々碗」「海鼠釉線文切立鉢と銘々鉢」。[審査所感の抜粋(PDF)]
日本民藝館展入選「飴釉グラタン八寸皿」「下鉄砂呉須釉切立小鉢」等 8 点。

2002年(平成14)

展示場『くらしの陶・無自性館』がしまね景観賞奨励賞(民間建築部門)受賞。
日本民藝館展入選「黒釉紅茶ポット」「白掛地釉紅茶碗皿」等 8 点。

2003年(平成15)

第 17 回日本陶芸展(毎日新聞社主催)入選「赤土釉番茶器」「飴釉組皿」「呉須釉組平皿」。[審査所感の抜粋(PDF)]
日本民藝館展入選「胴紐黒碗」「白掛地釉深組皿」等 13 点。

2004年(平成16)

日本民藝館展入選「白掛地釉鉄土七寸丼」「白掛地釉両手付スープ碗皿」等 13 点。

2005年(平成17)

第 18 回日本陶芸展(毎日新聞社主催)入選「把手付呉須釉蓋物スープ碗皿」「白掛地釉煎茶器」「鉄土地釉組鉢」「外鉄砂呉須釉深組鉢」「飴釉組皿」「飴釉組深皿」「白掛地釉組皿」。
日本民藝館展入選「海鼠釉湯呑」「黒釉海鼠流し縁付尺四寸鉢」等 19 点。

2006年(平成18)

日本民藝館展入選「呉須釉ベタ底八寸皿」「白掛地釉ピッチャー」等 23 点。

2007年(平成19)

第 19 回日本陶芸展(毎日新聞社主催)入選「海鼠釉片口組皿」「外鉄砂呉須釉浅組鉢」。
日本民藝館展入選「飴釉玉縁六寸五分皿」「白掛地釉線文組皿」等 17 点。

2008年(平成20)

日本民藝館展入選「呉須釉縁付切立平皿」「海鼠釉縁付深鉢」等 7 点。

2009年(平成21)

第 20 回日本陶芸展(毎日新聞社主催)第3部特別賞・TOTO 賞受賞「外鉄砂釉深組呉須釉鉢」。[特別賞講評(PDF)]
日本民藝館展入選「黒釉土瓶」「飴釉縁付深皿」等 3 点。

2010年(平成22)

日本民藝館展入選「黒釉土瓶」「海鼠釉縁付角皿」等5点。

2011年(平成23)

第21回日本陶芸展(毎日新聞社主催)第3部入選「掛合釉彩組鉢」「飴釉組深皿」「飴釉組平皿」等4点

2013年(平成25)

第22回日本陶芸展(毎日新聞社主催)第3部入選「ふち鉄砂呉須釉組鉢」「飴釉組皿」等4点

2015年(平成27)

第23回日本陶芸展(毎日新聞社主催)第3部入選「呉須釉楕円組鉢」「黒釉ふち鉄砂組皿」「海鼠釉組皿」「飴釉楕円組皿」「飴釉組皿」等5点

2017年(平成29)

第 24 回日本陶芸展(毎日新聞社主催)第3部特別賞・TOTO 賞受賞「飴釉土鍋」。
日本民藝館展入選「黒釉ふち鉄砂深皿」「飴釉組皿」「呉須釉プレート」「呉須釉鎬茶器」等 4 点。

2017年(平成29)

日本民藝館展入選「灰釉角皿5寸」「黒釉皿6.5寸」「海鼠釉隅丸角鉢」「海鼠釉縁付角鉢」等7点。

2018年(平成30)

日本民藝館展入選「海鼠釉手付きカップ」等4点。

「日本陶芸展」とは

昭和 46 年に毎日新聞社の創刊 100 周年記念事業として創設され、2 年に一度開催されます。「招待部門」と「公募部門」があり、公募部門は 1 部(伝統部門)、2 部(自由造形部門)、3 部(実用部門)の三部構成になっています。
入賞・入選作品は現在は東京、大阪の大丸百貨店などに展示されます。

「日本民藝館展」とは

伝統的な手仕事と、新しい生活工藝の発展をはかるために、暮らしに役立つ健やかな工藝品の出展を募って、展示紹介し、普及させることを目的としています。
この目的に沿った「用に即し、繰り返しつくり得る製品」を出品しています。